ニュース 

雪とくらげ

20151226日(土)2016313日(日)

京都水族館にて いきものと美しい映像のコラボレーションによる新展示の冬限定プログラム

  冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』  が開催されます♪

 

   クラゲ水槽のまわりの壁や床に投影する映像は人の動きに合わせて変化する

   インタラクティブ要素を取り入れ、

   降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、

   あふれ出す水の上を歩くと足跡が波紋になって広がる演出など。

 

実際のクラゲと映像が調和した水族館ならではの情感あふれる京都の冬の風景をお楽しみいただけますよ。
 
 詳しくは京都水族館

公式Webhttp://www.kyoto-aquarium.com/wp/jellyfish/問い合わせ先 075-354-3130
2015-12-23

お煤払い

本日、本山にて「お煤払い」が行われました。

 御影堂と阿弥陀堂にたまった一年のほこりを払う、

 室町時代の蓮如上人時代から始まったといわれる迎春行事です。

僧侶の方やご門徒の方々が古式に倣い、数百畳の堂内を横一列に並び、

すす竹で畳をたたきながらお掃除をされます。

 

 毎年、京都ではニュースにも取り上げられる、冬の風物詩でございます。

 京都市長さんも朝早くから参加されました。

弊店の社長も毎年参加させて頂いております。

今年は気候が暖かいなかでの大掃除でした♪

 

2015.12.19  西本願寺 「お煤払い」

2015-12-19

今年の漢字

12月15日14時~清水寺にて今年の漢字が発表されます。

 

あの、皆さんも一度はテレビで見たことがある、あれですね。

東山の雅な風景をバックに漢字を書かれるという……。

2014年は「税」だったそうです。

2015年は一体どんな漢字になるんでしょうか?

楽しかったり、明るい漢字ですと

「終わりよければすべてよし」

で、2015年はいい年だったなぁ……!

と思えそうです。

 

山田安心堂と致しましては今年は(も?)「感謝」でしょうか?(二文字になってしまいましたが)

今年も皆様のおかげでええ商いが出来ました。

来年も精進してまいります。

因みに、年末年始は休みなく営業しておりますので、皆さん、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

2015-12-15

事始め

12月13日に京都の花街(祇園・上七軒など)では「事始め」が行われます。

これはお正月の準備を始め、お世話になった方々に挨拶に伺うという、花街の風習です。

祇園の芸妓はん舞妓はんが「おことうさんどすー」と鏡餅をもってお師匠さんのところに挨拶に行かれます。

「おことうさん」とは「お事多さん」。京都では「お忙しいですね」という意味になります。

また、大みそかの夜にも「おことうさん」という挨拶が使われます。

 

昔は、花街に限らず、12月の13日は「正月事始め」といい、門松やお雑煮を炊く薪などの木材を山へ取りに行く習慣があったそうです。

そういった、四季の風習がどんどん無くなってきて、少し、寂しい感じがしますね。

 

 

2015-12-11

またまた、嵐山の話題…

20151211日(金)から20日(日)まで 嵯峨・嵐山周辺一帯にて

京都・嵐山花灯路2015】が開催されます。

点灯時間 は 17:00~20:30まで。

今年も日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと  花により

思わず歩きたくなる路、華やぎのある路を演出しています。

 
寺院・神社・文化施設での特別拝観やライトアップ、 渡月橋周辺や竹林のライトアップも♪


問い合わせ先   TEL 075-212-8173(京都・花灯路推進協議会事務局)

 

 

 
2015-12-07

針供養

十三まいりでも有名な 京都嵐山の法輪寺さんにて

2015128日(火)13:00~14:00

 

    針供養が行われます。

 

 法輪寺針供養は、皇室で使用された針をご供養せよとの天皇の命により始まったといわれているそうです。

現在でも毎年12月の針供養の際には皇室からお預かりの針のご供養をされています。

長い歴史(およそ1300年前 元明天皇の勅願により行基菩薩が創建)のあるお寺ですね。

 

折れた縫い針や使用済みの針を、当日持って行って 大きなこんにゃくに刺します。

これまで一所懸命働いてくれた針に休んでもらおうということです!

針供養法要の 当日には、甘酒の接待や、日本舞踊などが行われるそうですよ。
  

問い合わせ先 TEL 075-861-0069(法輪寺)
2015-12-03

喪中はがきが来たら

もう今年も残り1ヶ月となりました。

喪中はがきを頂かれることもあるかと存じます。

最近は、喪中はがきが届いて亡くなられたことを知ることも多くなったようです。

お葬式には行けなかったけれども、ちょっとお供えを、ご挨拶に……という場合は

ご進物にお線香など如何でしょうか?

 

弊店では各値段のお線香を取り添えろえてございます。

また、お線香だけでは……という方のためにお蝋燭とセットのものもございますし、

別々に選んでいただいたものをまとめて包装、

また、小さいサイズのお線香をご進物用としておのしをかけさせて頂く事も可能でございます。

一度店頭にて、ご相談くださいませ。

しんもつせんこう

進物線香

 

2015-11-29

報恩講

浄土真宗東本願寺さんと興正寺さんにて

11月21日~28日まで親鸞聖人の御正忌報恩講が行われています。

 

浄土真宗の開祖である親鸞聖人の御命日が11月28日(旧暦)ということで

毎年この時期にお勤めされる、浄土真宗では最も大切な法要です。

 

因みにお西さんの御正忌法要は1月9日~16日までです。

これは旧暦の11月28日が現在の暦では1月16日にあたるからです。

 

聖人の御恩の偲び、阿弥陀様の御救いを改めて味わわせて頂くいい機会だと思います。

2015-11-25

もみじまつり!

皆さん、今日からいよいよ三連休ですね。

1日目が一番お天気が良いそうなので、思い切り京都を楽しんでください。

さて、紅葉が見ごろになってますが、

紅葉で有名な東福寺~泉涌寺の間にて11月21日~11月29日まで「もみじまつり」が開催されます。

約30軒の窯元さんが市価3割~7割(!)の価格で陶器(京焼き・清水焼など)を販売されます。

 

他にもスタンプラリーや各種イベントを開催!

雨天でも決行されるそうなので、紅葉狩りのついでに寄られてはいかがでしょうか?

 

2015-11-21

非公開

普段は非公開の清水寺にある成就院が明日から12月6日まで特別公開されます。

毎年、春と秋のこの時期のみ一般公開される成就院のお庭は別名「月の庭」と呼ばれています。

 

一晩掛けて移動する月の影(お庭から月は見えないのです)を愛でるこのお庭。

成就院は元々室町時代に創建されたそうですが、度重なる戦乱で焼失。

現在の建物は江戸時代の徳川家光が建立したもの。それが残っているのもさすが京都!という感じですが、

京都には元々、「雪月花」を表すお庭がそれぞれ別々のお寺にありました。

しかし、雪のお庭を持つお寺は現在移転し別のお庭になり、花のお庭のお寺は明治の廃仏のあおりを受けなくなり……。

唯一残ったのが、この成就院の「月の庭」。

 

夜の特別拝観ではライトアップされるので、元々の【月影を愛でる】が出来るかどうか、微妙なところですが、

きっと京都らしい素敵な光景が見れることと思います。

2015-11-17